>

社会で役立つ人間にするために

英語の絵本を読ませよう

絵本を読むのが好きな子供が多いです。
いつもは日本語で書かれている絵本でしょうが、グローバル教育をするなら英語で書かれている絵本を見せるのがおすすめです。
すると子供は英語に興味を持ってくれるでしょう。
絵本なら挿絵もあるので、子供が内容を理解しやすいメリットがあります。
グローバル教育をすることに集中して、子供に強要することはしないでください。

強制的に勉強させられても、知識が身に付きません。
それどころか英語を嫌いになって、全く勉強しなくなります。
英語を好きになってもらえば、これからずっと積極的に勉強してくれるでしょう。
最初が肝心なので、慎重に英語に興味を持ってもらいましょう。
子供が好きそうな絵本を用意してください。

身近にさせるのが良い方法

日本人の中で英語が苦手な人が多い理由は、親しみがないからです。
幼い頃から日本語だけを使って、中学校になっていきなり学び始めても内容を理解するのは難しいでしょう。
そのため、小さい頃からグローバル教育をするのがおすすめされています。
幼い頃から英語が身近にあれば、大人になってからも勉強することが苦になりません。
内容もすぐに理解できます。

子供向けの英語の番組が、テレビで放送されています。
それを毎日見せると良いですね。
子供でも理解できるように、わかりやすく説明しています。
キャラクターなども登場して楽しく学ぶので、子供は英語を好きになれるでしょう。
早くから始めることで、英語が身近な存在になります。
小学校に入る前に、教育しましょう。


この記事をシェアする