あなたの大切なデジカメをこれからも長く使い続けていくためのお役立ち情報

この記事をシェアする

日々の手入れも怠らない

自己メンテナンスの基本

故障を防ぐためには、日々のお手入れが大切です。
レンズの汚れや曇りを取り除くこと、ボディの細かい接続部分に汚れをためないこと、この2つが基本です。
そのためには、必要なお手入れグッズを用意しておきましょう。
まずは、レンズ用クロス、レンズ用クリーナー、綿棒の3つで十分です。

レンズに傷がついてしまうときれいな画像は撮れなくなるし、レンズ交換となればその費用も安くはありません。
使った後はクロスとクリーナーできれいに磨いてあげてください。
また、機器の内部に汚れやほこりが侵入すると、深刻な故障を引き起こすことがあります。
綿棒を使って接続部分を常に清潔にしておくことを心がけましょう。

ケースにしまう前の、ほんの少しのケアが、あなたのデジカメの寿命を大きく伸ばします。

構造を理解し、能力を知る

手軽で便利な機器であるからこそ、デジカメは多くの人に使われています。
機能の充実は目覚ましく、充実した生活を支える、いわば相棒のようなポジションになっているのではありませんか?

そんなデジカメのことを、もっと理解するようにしましょう。
仕組みを理解すれば、どんなケアが必要なのか、何がNGなのかが必然的にわかってきます。
そしてデジカメの能力を知れば高度な使い方も可能になるし、これまで以上にあなたの良き相棒として活躍してくれるでしょう。

あなたのブログに華を添えてくれたり、思い出の一瞬を大切な人たちを共有したりと、デジカメは、あなたの充実した生活をさせてくれる大切なものです。
ほんの少しの感謝を込めて、これからも大切に使い続けてください。


Topへ
戻る▲