あなたの大切なデジカメをこれからも長く使い続けていくためのお役立ち情報

この記事をシェアする

状態を点検し、本当に必要な修理を見極める

依頼方法の基本は3通り

不具合を起こしたデジカメをすぐに診てもらうなら、近隣のショップに「持ち込む」のが一般的です。
対面で不具合の状態を説明できるし、専門的なアドバイスをもらえたり、場合によっては費用の交渉もできるかもしれません。

持ち込む時間を取れない、近くに適当なショップがないという場合は「郵送」で対応してくれる業者もたくさんあります。
郵送する際はエアパッキンや新聞紙などの緩衝材で厳重に梱包し、郵送途中での衝撃に備えます。
また、事前に連絡をしてカメラ本体だけでいいのか、充電器・ケーブル、保証書等すべて同梱するべきなのか、郵送時に必要なものを確認しておきましょう。

そして最近は「ピックアップ」で対応してくれる業者が増えています。
方式としては郵送対応ですが、依頼する側にとって最も依頼しやすい方法といえるでしょう。

手軽で便利なピックアップ方式

家にいながら手軽に申込ができて、修理終了後に受け取るまで一度も出向く必要のないのが、ピックアップ方式です。
多忙な人にとっては有難い選択肢といえるでしょう。
ほとんどの場合インターネットでのやり取りで完結しますが、電話やFAXでも対応してくれます。

一般的には以下のような流れになります。
まずは依頼フォームに必要事項を記入し送信します。
その後、指定した日時、場所に集荷に来てくれます。事前に依頼しておけば同時に梱包グッズも届けてくれます。
業者の方で故障個所を調べ見積もりを出してくれるので、その時点で修理を依頼するかどうかを決めることができます。見積もり内容に納得できなければ、返却も可能です。
そして修理が完了したら、指定した希望の日時に配送。その後支払いとなります。

今やほとんどの業者が、このピックアップ方式を採用しているので、ホームページで探し、費用、修理期間、保証についても確認しておきましょう。


Topへ
戻る▲